東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

睡眠時無呼吸症候群の原因

気道の閉塞

閉塞性睡眠時無呼吸症候の一般的な原因の一つは、睡眠時に喉の筋肉がリラックスし、気道が閉塞することです。喉の周囲の組織が緩んで気道が狭くなり、呼吸の流れが妨げられます。これにより、呼吸が一時的に停止する無呼吸の発作が起こります。いびきや無呼吸の症状がこの原因によって引き起こされることがあります。

寝ている女性

骨格や年齢による筋肉の衰え

喉の筋肉は、骨格や年齢の影響を受けることがあります。特に加齢によって筋肉が衰えることで、気道の支持構造が弱まり、気道が閉塞しやすくなります。また、顎の位置や噛み合わせの問題も気道を狭くする原因となり、睡眠時無呼吸症候群のリスクを高めることがあります。

肥満

肥満は、睡眠時無呼吸症候群の主要なリスク因子です。過剰な体重や脂肪が首や喉の周囲に圧迫をかけ、気道を狭くすることがあります。また、脂肪細胞が炎症を引き起こし、気道の筋肉の制御を妨げる可能性もあります。肥満の程度が重いほど、睡眠時無呼吸症候群の発症リスクが高まります。