東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

小児矯正を始める前に知っておきたいこと

小児矯正は、子どもの歯並びや噛み合わせの問題を早めに発見し、適切な治療を行うことで、将来の口腔健康を守るため重要な役割を果たします。

このページでは、小児矯正の目的と矯正治療を始める前に知っておくべき重要なポイントを詳しく解説します。

小児矯正ってなに?


小児矯正とは、子どもの成長期に合わせて行う歯科矯正治療です。この治療は、子どもの顎の成長と歯並びを正しく治すことを目的とし、6歳から12歳の間に始めることが多いです。小児矯正では、乳歯から永久歯への生え変わる時に、歯並びや噛み合わせの問題を早期に改善します。

矯正装置は、子どものお口の中の状態や治療の目的に応じて決め、精密な診断と計画のもとに治療計画を立てていきます。

また、治療の過程では、顎の成長をコントロールするための装置や、歯を適切な位置に移動するための装置を使用することがあります。これにより、顎の骨の成長をコントロールし、将来的な噛み合わせの問題を未然に防ぐことが可能になります。

女の子

小児矯正の目的


小児矯正の目的は、子どもの歯並びや噛み合わせの問題を早期に改善し、正しい口腔機能を向上することです。正しい噛み合わせは、咀嚼機能や発音の改善にも期待でき、子どもの健康と発達に影響を及ぼします。

また、小児矯正は、将来的な歯列不正や不正咬合のリスクを減らすこともできます。歯列不正や不正咬合は、顎の成長や歯の不適切な位置が原因となることが多いです。小児矯正治療を早めに始めることで、これらのリスクを早めに見つけ改善していくことができます。

小児矯正を始める前に知っておきたいこと


小児矯正を始める前に、知っておくべき点をいくつかご紹介します。

虫歯になるリスクが高くなる

矯正装置は、歯の表面に装着するため、食べ物のカスが残りやすく、虫歯の原因となることがあります。また、矯正装置を付けていることにより、口腔衛生の維持が難しくなり、虫歯のリスクが高まります。定期的な歯磨きやフロスの使用、さらには歯科医院でのクリーニングが大切です。

子どもに負担がかかる

小児矯正は、子どもにとって新しい体験であり、初めて矯正装置を装着する時に痛みや違和感を覚える子どもも多いです。これは、特に矯正治療初期に感じることが多く、子どもが装置に慣れるまでの時間が必要です。また、定期的な調整による圧力の変化も、一時的な不快感を引き起こすことがあります。このため、子どもが治療に前向きであること、そして保護者の方がサポートすることが重要です。

保護者の方の協力が必要不可欠

小児矯正の成功は、保護者の積極的な協力とサポートが必要不可欠です。特に、ご家庭での歯磨き方法などの口腔衛生管理や定期的な通院のサポートが必要です。また、子どものメンタル面でのサポートやモチベーションを保つことも重要です。

大人になってからも矯正治療が必要なこともある

一人ひとりによって異なりますが、子どもの頃に矯正治療を行っても、顎の成長や歯の移動によって、成人期に再度矯正治療が必要になることがあります。これは、顎の成長が終わるまでの歯並びの変化によるものです。

定期的に歯医者に通う必要がある

矯正歯科治療中は、装置の調整や歯の健康状態のチェックのために、定期的に歯医者に通う必要があります。これは、治療の経過を確認し、必要に応じて治療計画を調整するためです。

長期間の治療となる可能性がある

矯正歯科治療は、歯と顎の成長に合わせて進行するため、通常は2年以上の期間がかかることがあります。この間、定期的な通院と装置の管理が続くため、忍耐力が必要です。

費用が高くなる

矯正歯科治療は専門的な技術と長期間の管理が必要なため、費用が高くなることが一般的です。治療期間や装置の種類によって費用は異なりますが、全体的な治療計画を知り、費用の見積もりと計画を立てることが大切です。ご質問があればお気軽に当院へご相談ください。

小児矯正は、子どもの健康な口腔環境と将来の健康を守るために重要な役割を果たします。

治療を始める際には、これらのポイントを十分に理解し、子どもの健康と快適な生活を支えるためにサポートしていくことが大切です。

当院でもお子様の歯の健康を守るためにお手伝いさせていただきますので、不明な点あればお気軽にご相談ください。

小児矯正の関連ページ


小児矯正を始める前に知っておきたいこと
小児矯正は何歳まで?適切なタイミングと治療開始年齢について