東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

定期検診の受診頻度について

定期検診は、虫歯や歯周病など口内の健康問題を未然に防ぐために効果的ですが、

どのくらいの頻度で通院すればいいのか迷うこともありますよね。

このページでは、定期検診の受診頻度について詳しく解説します。

定期検診の受診頻度について


定期検診の頻度は、一般的には、3ヶ月に1回の検診がよいと言われています。ただし個人の口腔状態や健康状態によって異なります。定期的に検診を受けることで歯石やプラークの蓄積を防ぎ、歯周病や虫歯のリスクを軽減します。

また、歯周病の治療中の人や、虫歯になりやすい人、糖尿病患者、喫煙者などは、より頻繁な検診が必要な場合があります。口腔内の問題が進行しやすいため、より詳細な検査が必要です。口腔健康の状態を評価し、最適な治療計画をご提案します。

カウンセリング

定期検診は1年に1回じゃだめなの?


定期検診を3ヶ月に1回行うことが難しいと感じている人がいるかと思われます。

健康診断が1年に1回の受診でいいのであれば、歯科検診も年に1度で充分だと思っている人もいるかもしれません。

しかし、1年に1回では残ったプラークがお口の中に蓄積し、虫歯や歯周病の予防が難しくなります。

虫歯や歯周病は放置していたらどんどん進行するため、1年間放置すると、時には歯を失ってしまうほど悪化することがあります。

そのため、3ヶ月に1回ほどの頻度で定期検診を受診するのがよいとされています。

定期検診で早期発見と早期治療を!


虫歯や歯周病が発生していても、3ヶ月に1回の定期検診により、それらを早期に発見することが可能です。

虫歯や歯周病を放置することで、歯の損傷や歯茎の問題が悪化する可能性があるため、初期段階での対応は重要です。

治療を早いうちから始めることで、治療を最小限に抑え、痛みも軽減されます。

しかし、ご自身で虫歯や歯周病を早期に発見することは難しいです。

定期検診を続けることで、これらの口内の問題を早く見つけ、口内の健康を守ることができます。

歯の健康を維持するために定期検診は大切


歯の健康は日常生活において極めて重要です。健康な歯は、食事を楽しむことはもちろんのこと、自信を持って笑顔を見せることもできます。定期検診は、虫歯や歯周病などの問題を早期に発見することができます。小さな虫歯であれば、治療も簡単で、痛みや不快感も少ないです。しかし、これらの問題が進行すると、治療はより複雑で費用もかかります。例えば、小さな虫歯は、簡単な詰め物で修復できますが、放置して大きくなると、根管治療や抜歯が必要になる場合があります。定期検診により、これらの問題を早期に見つけ、より簡単で効果的な治療を受けることができます。


また、定期検診では、歯科医師が口腔内を細かくチェックし、虫歯や歯周病の初期症状を見逃さないようにします。専門的なクリーニングによって、日常のブラッシングでは落としきれない歯石やプラークを除去し、歯周病のリスクを減らします。定期的な検診を受けることで、歯の健康を維持し、将来的な健康問題を防ぐことに繋がります。

予防歯科の関連ページ


予防歯科で行うPMTCの効果とは?
定期検診の受診頻度について
歯のためによい生活習慣について
予防歯科で行うPMTCの流れ
予防歯科の診療メニュー
予防歯科の目的である「8020運動」について
「治療」から「予防」へ