東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

根管治療が必要な症状とは?

歯髄炎

虫歯や外傷などによって歯の内部の神経組織(歯髄)が炎症を起こすことがあります。これにより、歯が温冷刺激に敏感に反応したり、不快な歯痛が生じたりすることがあります。歯髄炎の進行によって痛みが悪化し、口を閉じるときや咬むときにも痛みが感じられることがあります。

歯髄壊死

歯髄炎が進行し、神経組織が死んでしまう状態を歯髄壊死と呼びます。初期段階では歯の違和感や軽度な痛みしか現れませんが、進行すると強い痛みを生じることがあります。また、歯が変色してくることもあります。

根尖性歯周炎

歯髄炎や歯髄壊死が進行すると、感染が歯の根の先に達して根尖性歯周炎が発生することがあります。この状態では、歯の根の先端付近の歯周組織が炎症を起こし、腫れや痛みが現れることがあります。また、歯茎から膿が排出されることもあります。