東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

小児矯正は何歳まで?適切なタイミングと治療開始年齢について解説

このページでは小児矯正について詳しく解説いたします。小児矯正は、子供の歯並びや顎の成長に関する問題を解決するための治療です。正しいタイミングで始めることが重要であり、その適切なタイミングと治療開始年齢について説明します。

小児矯正は何歳から受診できるか?


小児矯正治療は大きく一期治療と二期治療に分けられます。一期治療は、通常、子供の永久歯が生え始める前に行われる小児矯正治療の最初の段階です。二期治療は、一期治療の後、子供の歯がすべて生え揃った後に行われます。それぞれの治療の適切な開始年齢について見ていきましょう。

一期治療

一期治療は、子供の永久歯が生え始める前に行われることが多いです。通常、6歳~12歳の間が最適なタイミングとされています。この時期に治療を開始することで、将来の歯並びの問題を予防し、顎の成長をコントロールします。例えば、乳歯から永久歯への生え変わる時に、歯並びの改善や歯の位置調整が行うことがあります。

小学生イラスト

二期治療

一期治療の後、子供の歯がすべて生え揃った後に、必要に応じて二期治療が行われます。通常、12歳頃~始めるのが一般的です。この段階では歯並びや顎の問題を治し、理想の歯並びを実現します。永久歯が生え揃った後に歯並びの調整や顎の成長に関する治療を行う場合もあります。

中学生イラスト

小児矯正は何歳までに治療開始するのがよいか?


小児矯正治療は成長に大きく影響を与えるため、適切な時期に始めることが重要です。

「第一期治療」は歯が生え変わる前に治療を行うため、その年齢までに治療を始めておく必要があります。成長期が過ぎると、歯並びや顎の成長をコントロールするのが難しくなるため、子供の成長段階に合わせて治療計画を立てることが重要です。お子様の歯並びが気になる場合は、一度当院へご相談ください。

小児矯正を適切な時期にはじめるメリット


小児矯正治療を適切なタイミングで始めることには多くのメリットがあります。以下メリットは、お子様の歯並びや口腔の健康に対する良い影響をもたらします。

顎の成長をコントロールすることができる

適切な時期に治療を開始することで、子供の顎の成長をコントロールできます。これにより、将来の歯並びや咬み合わせの問題を予防し、理想の歯並びを実現できます。例えば、上顎と下顎の調整によって、歯の突出や逆に奥歯の噛み合わせの改善が可能です。

指しゃぶりの改善

小児矯正治療は指しゃぶりを改善するのに役立ちます。この習慣が続くと、歯並びに影響を与えることがあります。適切な矯正治療で、指しゃぶりを改善し、歯の健康を保つことができます。

永久歯の抜歯を避けられる可能性がある

適切な時期に治療を開始することで、永久歯の抜歯を避けられる可能性が高くなります。歯を健康的に保ちながら、美しい歯並びを実現できます。重度の歯並びの矯正を避け、永久歯の自然な成長を促進することができます。

小児矯正治療は、子供の歯並びや顎の成長に関する問題を解決するための重要な治療です。適切なタイミングで治療を開始することで、顎の成長をコントロールし、理想の歯並びを実現することができます。小児矯正治療を検討中の方は、当院までお気軽にご相談ください。

小児矯正の関連ページ


小児矯正を始める前に知っておきたいこと
小児矯正は何歳まで?適切なタイミングと治療開始年齢について