東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

小児矯正

小児矯正とは


矯正装置を持っている男の子

小児矯正とは、子供や若年層の歯並びや顎の成長に関する問題を矯正するための歯科治療のことを指します。歯並びの不正や噛み合わせの問題を改善し、正しい口腔機能を促進することを目的として行われます。

小児矯正は成長段階での歯や顎の発育を利用して問題を解決しようとするため、早期に治療を始めることが重要です。定期的な歯科検診を受けることで、問題を早期に発見し、適切なタイミングで治療を開始することが大切です。

子どもの歯並びが悪くなる原因とは


口呼吸

口を開けて呼吸することは、お口周りの筋肉や口の発達に影響を及ぼす可能性があります。口呼吸は鼻呼吸に比べて舌の位置が低くなり、口の中で舌が正しい位置に適切に置かれないため、歯並びに影響を与えることがあります。また、口呼吸によって口の中が乾燥し、唾液の不足が虫歯のリスクを高めることもあります。

指しゃぶり

指しゃぶりをすることは、歯や口の発達に影響を及ぼす可能性があります。継続的な指しゃぶりによって、上顎や下顎が歪む可能性があり、歯並びの問題が生じることがあります。

舌の癖(舌癖、舌を出す習慣)

舌を口の外に出して話す、飲食をする、あるいは継続的に舌を下に向けて噛む癖は、正しい歯の発育と咬合(かみあわせ)に影響を与えることがあります。舌が正しい位置に置かれない場合は、歯並びの調整が困難になることがあります。

乳歯の虫歯

乳歯が虫歯になると、その影響で歯並びが悪くなることがあります。乳歯は将来の永久歯の位置を正す役割を果たしており、早い段階で乳歯の虫歯が進行すると、永久歯の正しい発育に影響を与える可能性があります。

口をあけたこども

小児矯正で行うプレオルソについて


プレオルソは、4歳から10歳までのお子さまが対象取り外し可能なマウスピース型の矯正装置です。

直接的に歯並びを治すのではなく、お口周辺の筋肉を鍛えることや舌の位置の癖を治すための予防的な矯正歯科装置です。

プレオルソ

取り外しが可能

プレオルソは取り外し可能な装置です。お食事の際や歯磨きの際に取り外しできるため、ストレスなく日常生活を過ごすことが可能です。

治療後の後戻りが少ない

プレオルソは、正しい歯並びや咬み合わせが悪化する前に治療していくので、治療後の矯正効果を維持し、歯並びや噛み合わせの変化が起こる可能性を低くします。

痛みが少ない

ワイヤー矯正などは、ワイヤーを使って強い力で歯並びを矯正していきます。それに対しプレオルソは直接歯に力をかけて動かすわけではないため痛みは生じにくいです。ですが、使用していくうちに顎が成長したり、歯肉の位置が変わったりすることで靴擦れのような「当たって痛い」が起こることがあります。その場合、プレオルソ自体を少し調整することで痛みは落ち着きます。

装着時間は日中の1~2時間程度と就寝時のみ

プレオルソの装着時間が比較的短いため、生活のスケジュールに合わせて使用していただけます。日中の1~2時間程度の使用と就寝時での使用のため、お子さまへの負担が少ないのが特徴です

小児矯正の開始時期について


小児矯正は、適切な時期に開始することが重要であり、子供の成長段階に合わせたタイミングで行い、一人ひとりの治療計画を立て、進めていきます。適切なタイミングと治療を始める年齢について詳しくご紹介します。

歯科検診

小児矯正を始める前に知っておくべきこと


矯正治療を始める際には、お子様の健康と快適な生活を支えるためにサポートしていくことが大切です。小児矯正治療を始める前に知っておくべき重要なポイントを詳しく解説します。

歯科検診