東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

睡眠時無呼吸症候群

こんな症状ありませんか?


睡眠時無呼吸症候群は、以下のような症状を引き起こすことがあります。

日中の眠気や疲労感

睡眠中に呼吸が一時的に停止するため、十分な質の睡眠が取れず、昼間に眠気や疲労感を感じることがあります。

いびき

睡眠時無呼吸症候群の一つの兆候として、夜間に大きないびきをかくことがあります。これは呼吸の中断によるもので、いびきが非常に騒々しい場合や、突然のいびきが出る場合に注意が必要です。

頭痛

酸素供給が不足することから、頭痛や集中力の低下が起こることがあります。

夜間の目覚め

無呼吸により呼吸が止まり、短い間でも覚醒することがあるため、夜間に何度も目を覚ますことがあります。

夜間の多尿

睡眠時無呼吸症候群に関連して、夜間に何度もトイレに行くことが増える場合があります。

睡眠時無呼吸症候群について


睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)は、睡眠時に一時的に呼吸が停止する状態を指します。主な原因は、喉の筋肉の緊張の低下によって気道が一時的に閉塞することです。これにより、酸素供給が減少し、体内に酸素不足が生じます。睡眠時無呼吸症候群は主に以下の2つのタイプに分けられます。

寝ている男性

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)

喉の筋肉がリラックスし、気道が一時的に閉塞することによって引き起こされるタイプです。いびきや一時的な無呼吸の発作が特徴です。

中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)

呼吸中枢の問題によって、脳からの呼吸指令が一時的に欠如することが原因です。このタイプの睡眠時無呼吸症候群は比較的稀です。

睡眠時無呼吸症候群は、健康への影響が大きく、高血圧、心臓病、糖尿病などのリスクを増加させる可能性があります。適切な治療法を受けることで、睡眠時無呼吸症候群の症状を改善し、健康リスクを軽減することができます。