東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

虫歯の進行と症状・治療法

CO(初期の虫歯)


CO

症状

エナメル質の表面に微細な白い斑点が見られることがあります。通常、痛みはまだ感じられません。

治療

歯ブラシやフッ素配合の歯磨き粉を使用して、歯の再石灰化(歯を修復する機能)を促進し、初期の虫歯を進行させないようにすることが重要です。定期的な歯科健診も推奨されます。

C1(エナメル質の虫歯)


C1

症状

エナメル質が溶けだし、小さな穴が開いたり、表面がくぼんだりすることがあります。甘いものに対して歯が痛むことがあります。

治療

虫歯の部分を削除し、詰め物を使用して虫歯を治します。

C2(象牙質の虫歯)


C2

症状

象牙質まで虫歯が進行し、穴が大きくなります。冷たい・温かい食べ物・飲み物に対して歯がズキズキと痛むことがあります。食べ物や飲み物に対して痛みや不快感が生じることがあります。

治療

象牙質の部分を削除し、詰め物を使用して歯を修復します。状況によっては、歯冠(クラウン)を被せることも考慮されることがあります。

C3(神経まで侵された虫歯)


C3

症状

虫歯が歯の神経に達し、強い痛みや腫れが生じることがあります。冷たい食べ物・温かい食べ物に対する刺激も強まります。

治療

歯髄を取り除き、根管治療を行います。根管内に残った細菌や感染物質を除去し、歯を救うために根管内を清掃し充填します。また、状況によっては歯冠(クラウン)を被せることもあります。

C4(歯冠が崩壊した虫歯)


C4

症状

虫歯が進行し、歯冠の一部または大部分が崩壊し、歯の形状が損なわれます。強い痛みや感染が広がる可能性があります。

治療

歯冠の崩壊した部分を削除し、根管治療を行った後、歯冠(クラウン)を被せて歯の形状と機能を回復します。歯冠を被せることで、歯を強化し、さらなる損傷を防ぐことができます。歯の損失具合によっては、抜歯を考えないといけないケースもあります。