東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

茅ヶ崎市の歯医者 東海岸みなみ歯科クリニック

東海岸みなみ歯科クリニック ロゴ

不正咬合の種類こんなお悩みありませんか?

叢生(そうせい)

叢生は、歯が口の中にうまく収まらず、重なったり密集したりする状態を指します。これは歯の数と顎のサイズの不一致や、遺伝的な要因などによって引き起こされることがあります。叢生は歯磨きが難しく、歯の健康に影響を及ぼすことがあります。

叢生

上顎前突

上顎前突は、上顎(上の顎)の前方に位置する歯が、下顎(下の顎)の歯よりも突き出している状態を指します。「出っ歯」とも呼ばれることがあります。

上顎前突

下顎前突

下顎前突は、下顎の前歯が、上顎の歯よりも突き出している状態を指します。食べ物が噛みにくかったり話しにくかったりするなどの症状があります。「受け口」とも呼ばれることがあります。

過蓋咬合

過蓋咬合は、上顎の歯列が下顎の歯列よりも大きく前に位置している状態を指します。この状態において、上の歯が下の歯を完全に覆い隠すような噛み合わせが形成されることがあります。

空隙歯列

空隙歯列は、歯と歯の間に隙間が生じている状態を指します。これにより、歯列全体が不均一になることがあります。

開咬

開咬は、歯と歯を噛み合わせた際に、上下の前歯が噛み合わない(隙間ができる)状態のことを指します。食べ物を噛み切れなかったり、口が閉じにくかったりする症状があります。